第1回TTPUセミナー「新しいモビリティサービスの実現に向けて ~日本版MaaSを利用者目線で検証する~」

  • 新技術・イノベーション

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

主催 【主催】
東京大学公共政策大学院
【共催】
一般財団法人運輸総合研究所
一般財団法人日本みち研究所
日時 2020/2/21(金)13:00~17:00
会場(所在地) 東京大学 本郷キャンパス伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール (東京)
開催回 第1回
テーマ 新しいモビリティサービスの実現に向けて~日本版MaaSを利用者目線で検証する~
講師 開会挨拶:高原 明生 東京大学公共政策大学院 院長
挨  拶:宿利 正史 東京大学公共政策大学院 客員教授、
           一般財団法人運輸総合研究所 会長

基調講演1:『日本版MaaSの推進に向けて』
      瓦林 康人 国土交通省大臣官房公共交通・物流政策審議官
基調講演2:『人・地域の幸せとMaaS・新しいモビリティサービス』
      石田 東生 筑波大学特命 教授、
            一般財団法人日本みち研究所 理事長

講  演1:『MONET Technologiesの取組みとMaaSに関する課題について』
      宮岡 冴子 MONET Technologies株式会社 政策渉外部長
講  演2:『MaaSアプリEMotと共通データ基盤MaaSJapanが実現できる世界』
      西村 潤也 小田急電鉄株式会社 経営戦略部課長、
            次世代モビリティチーム統括リーダー
講  演3:『都心部への新モビリティの導入と都市のリデザイン・アップデート』
      重松眞理子 一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区
            まちづくり協議会ガイドライン部会長、
            三菱地所株式会社開発推進部都市計画室長
講  演4:『日本的なMaaSとは。チョイソコプロジェクトで見えてきたこと』
      加藤 博巳 アイシン精機株式会社 イノベーションセンター部長

パネルディスカッション
パネラー:重田 裕彦 国土交通省 モビリティサービス推進課長
     伊藤 慎介 株式会社rimOnO代表取締役社長、
           (兼KPMGモビリティ研究所アドバイザー)
     宮岡 冴子、西村 潤也、重松眞理子、加藤 博巳
モデレーター:石田 東生 筑波大学特命 教授、
             一般財団法人日本みち研究所 理事長

閉会挨拶:大橋 弘 東京大学公共政策大学院 副院長

開催概要

※詳細は下記、東京大学公共政策大学院HPをご参照ください。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/events/2020-01-14-23470/