第1回TTPUセミナー「新しいモビリティサービスの実現に向けて ~日本版MaaSを利用者目線で検証する~」

  • 新技術・イノベーション

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

主催 【主催】
東京大学公共政策大学院
【共催】
一般財団法人運輸総合研究所
一般財団法人日本みち研究所
日時 2020/2/21(金)13:00~17:00
会場(所在地) 東京大学 本郷キャンパス伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール (東京)
開催回 第1回
テーマ 新しいモビリティサービスの実現に向けて~日本版MaaSを利用者目線で検証する~
講師 開会挨拶:高原 明生 東京大学公共政策大学院 院長
挨  拶:宿利 正史 東京大学公共政策大学院 客員教授、
           一般財団法人運輸総合研究所 会長

基調講演1:『日本版MaaSの推進に向けて』
      瓦林 康人 国土交通省大臣官房公共交通・物流政策審議官
基調講演2:『人・地域の幸せとMaaS・新しいモビリティサービス』
      石田 東生 筑波大学特命 教授、
            一般財団法人日本みち研究所 理事長

講  演1:『MONET Technologiesの取組みとMaaSに関する課題について』
      宮岡 冴子 MONET Technologies株式会社 政策渉外部長
講  演2:『MaaSアプリEMotと共通データ基盤MaaSJapanが実現できる世界』
      西村 潤也 小田急電鉄株式会社 経営戦略部課長、
            次世代モビリティチーム統括リーダー
講  演3:『都心部への新モビリティの導入と都市のリデザイン・アップデート』
      重松眞理子 一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区
            まちづくり協議会ガイドライン部会長、
            三菱地所株式会社開発推進部都市計画室長
講  演4:『日本的なMaaSとは。チョイソコプロジェクトで見えてきたこと』
      加藤 博巳 アイシン精機株式会社 イノベーションセンター部長

パネルディスカッション
パネラー:重田 裕彦 国土交通省 モビリティサービス推進課長
     伊藤 慎介 株式会社rimOnO代表取締役社長、
           (兼KPMGモビリティ研究所アドバイザー)
     宮岡 冴子、西村 潤也、重松眞理子、加藤 博巳
モデレーター:石田 東生 筑波大学特命 教授、
             一般財団法人日本みち研究所 理事長

閉会挨拶:大橋 弘 東京大学公共政策大学院 副院長

開催概要

※詳細は下記、東京大学公共政策大学院HPをご参照ください。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/events/2020-01-14-23470/

 セミナーでは、前半に高原院長の開会挨拶、宿利客員教授の挨拶の後、瓦林国土交通省公共交通・物流政策審議官及び石田日本みち研究所理事長・筑波大学特命教授の基調講演が行われた。
 その後、宮岡冴子MONET Technologies株式会社政策渉外部長、西村潤也小田急電鉄株式会社経営戦略部課長、重松眞理子一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会ガイドライン部会長、加藤博巳アイシン精機株式会社イノベーションセンター部長より、各分野の最先端の講演が行われた。
 後半のパネルディスカッションにおいては、MaaSが利用者にとって利用可能なものとするための視点や新しいモビリティサービスを実サービスとして定着させるための取り組み等について議論が行われた。議論の中では、MaaSではデータ連携の在り方について先行しているが、現場の話になるとばらばらとなり、現場の難しさ、課題の深さ、大きさが指摘された。また、これに対してどのように立ち向かっていくか、連携の在り方や自治体や交通事業者等の各当事者の活躍できる環境をどう整えていくかについて指摘がなされた。
 現下の厳しい情勢の中にかかわらず多数の参加を頂き、パネルディスカッションでは活発に質疑応答も行われるなど、今後の日本におけるMaaSの推進の一助となるセミナーとなった。

プログラム

開会挨拶
高原明生<br> 東京大学公共政策大学院院長

高原明生
 東京大学公共政策大学院院長

開会挨拶
挨拶
宿利正史<br> 東京大学公共政策大学院客員教授<br> 一般財団法人運輸総合研究所会長

宿利正史
 東京大学公共政策大学院客員教授
 一般財団法人運輸総合研究所会長

挨拶

基調講演1
瓦林康人<br> 国土交通省大臣官房公共交通・物流政策審議官

瓦林康人
 国土交通省大臣官房公共交通・物流政策審議官

『日本版MaaSの推進に向けて』
基調講演2
石田東生<br> 筑波大学特命教授、<br> 一般財団法人日本みち研究所理事長

石田東生
 筑波大学特命教授、
 一般財団法人日本みち研究所理事長

『人・地域の幸せとMaaS・新しいモビリティサービス』

講演資料

講演1
宮岡冴子<br> MONET Technologies株式会社政策渉外部長

宮岡冴子
 MONET Technologies株式会社政策渉外部長

『MONET Technologiesの取組みとMaaSに関する課題について』
講演2
西村潤也<br> 小田急電鉄株式会社経営戦略部課長、<br> 次世代モビリティチーム株式統括リーダー

西村潤也
 小田急電鉄株式会社経営戦略部課長、
 次世代モビリティチーム株式統括リーダー

『MaaSアプリEMotと共通データ基盤MaaS Japanが実現できる世界』
講演3
重松眞理子<br> 一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会ガイドライン部会長、<br> 三菱地所株式会社開発推進部都市計画室長

重松眞理子
 一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会ガイドライン部会長、
 三菱地所株式会社開発推進部都市計画室長

『都心部への新モビリティの導入と都市のリデザイン・アップデート』

講演資料

講演4
加藤博巳<br> アイシン精機株式会社イノベーションセンター部長

加藤博巳
 アイシン精機株式会社イノベーションセンター部長

『日本的なMaaSとは。チョイソコプロジェクトで見えてきたこと』

講演資料

パネルディスカッション

<パネラー>
 重田裕彦
  国土交通省モビリティサービス推進課長


 伊藤慎介
  株式会社rimOnO代表取締役社長、
  (兼 KPMGモビリティ研究所アドバイザー)
資料

 宮岡冴子
  MONET Technologies株式会社政策渉外部長

 西村潤也
  小田急電鉄株式会社経営戦略部課長、
  次世代モビリティチーム株式統括リーダー

 重松眞理子
  一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会ガイドライン部会長、
  三菱地所株式会社開発推進部都市計画室長

 加藤博巳
  アイシン精機株式会社イノベーションセンター部長

<モデレーター>
 石田東生氏
  筑波大学特命教授、
  一般財団法人日本みち研究所理事長
閉会挨拶
大橋 弘<br> 東京大学公共政策大学院副院長

大橋 弘
 東京大学公共政策大学院副院長

閉会挨拶

当日の結果

当日は、関心の高いテーマであったため、大学等研究機関、交通事業者、コンサルタント、報道関係課などから多くの参加者があり、盛会なセミナーとなりました。

下記の東京大学公共政策大学院のホームページにて開催報告を掲載しています。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/news/2020-03-06-24031/ 

また、当日の様子が東京交通新聞(東京交通新聞社)に掲載されました。
(2020年(令和2年)3月2日 月曜日 第2912号)

seminar200221_10.jpg


seminar200221_11.jpg