フィリピンにおける鉄道整備と沿線開発に関する国際セミナー

  • 鉄道・駅

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

主催 一般財団法人運輸総合研究所
後援 国土交通省
在フィリピン日本大使館(申請中)
フィリピン運輸省
フィリピン鉄道訓練センター
独立行政法人国際協力機構(JICA)
日時 2020/2/12(水)9:00~12:00
会場(所在地) ニューワールド・ホテル・マカティ(フィリピン・マニラ)
テーマ 鉄道整備と沿線開発
講師 開会挨拶:宿利 正史 運輸総合研究所

来賓挨拶:ツガデ フィリピン運輸大臣
     羽田 浩二 駐フィリピン日本国大使(調整中)
     日笠 弥三郎 国土交通省 大臣官房審議官(鉄道)

基調講演:森地 茂 政策研究大学院大学政策研究センター所長、運輸総合研究所アドバイザー

報  告:「鉄道整備と沿線開発」
     武藤 雅威 運輸総合研究所主任研究員

パネルディスカッション:
モデレータ:日比野 直彦 政策研究大学院大学 准教授
パネリスト:ジョン R.バターン フィリピン運輸省鉄道担当次官
      森地 茂 政策研究大学院大学政策研究センター所長、運輸総合研究所アドバイザー
      プリミティボ C.カル フィリピン大学教授

閉会挨拶:奥田 哲也 運輸総合研究所 専務理事

開催概要

 道路混雑や環境汚染などの問題に直面しているASEANの大都市では、鉄道整備が進められており、マニラでもメガマニラ地下鉄の建設をはじめとする鉄道整備が進められています。
 持続可能な鉄道整備においては、鉄道整備と沿線開発(TOD)を一体的に考えることが効果的な施策であり、日本はそのような鉄道整備と沿線開発に関する多くの知識・経験を有しているところです。
 本セミナーでは、鉄道整備と沿線開発に関する日本の知識・経験や世界の最新情報について共有するとともに、パネルディスカッションを通じて有効な取り組みについて議論します。