「アメリカ航空産業の現状と今後の展望 / 米国の空港混雑問題とスロット調整方式」

  • 運輸政策コロキウム
  • 航空・空港

第135回運輸政策コロキウム

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2020/1/30(木)16:00~18:00(開場15:30)
会場(所在地) 運輸総合研究所 (東京)
開催回 第135回
テーマ 「アメリカ航空産業の現状と今後の展望 / 米国の空港混雑問題とスロット調整方式」
講師 坂本 弘毅 ワシントン国際問題研究所 主任研究員
高木 大介 ワシントン国際問題研究所 研究員
コメンテータ 遠藤 伸明 東京海洋大学 海洋工学部 流通情報工学部門 教授

開催概要

米国航空会社の航空輸送需要及び供給量の動向、営業収入・費用・損益の動向、収入構造、人件費・燃料費など費用構造に関するデータを整理・分析するとともに、今後のアメリカ航空産業の見通し等について議論を行う。
 また、米国では、好調な経済情勢等を反映して航空需要が過去最高の水準に増大する中、各主要空港において混雑・遅延が発生している。米国の主要空港における混雑の状況、各混雑空港におけるスロット調整方式の現状等を整理・把握するとともに、米国の空港におけるスロット調整方式の今後の展望等について議論を行う。


プログラム

講 師

坂本 弘毅 
 ワシントン国際問題研究所主任研究員

講 師

高木 大介
 ワシントン国際問題研究所 研究員

コメンテータ

遠藤 伸明
 東京海洋大学海洋工学部流通情報工学部門 教授