【国際シンポジウム】東京 国際航空シンポジウム-アジア・太平洋地域の国際航空の将来-

  • 航空・空港

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

主催 主催:一般財団法人運輸総合研究所 
共催:航空政策研究会 
協力:東京大学公共政策大学院
後援 国土交通省
日時 2019/11/18(月)15:00~18:00
会場(所在地) 東京大学 伊藤国際学術研究センター内 地下2階 伊藤謝恩ホール (〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 ※当日の会場が変更となりましたのでご注意ください。
テーマ アジア・太平洋地域の国際航空の将来
講師 開会挨拶:運輸総合研究所 会長 宿利 正史

来賓挨拶:国土交通省 国土交通事務次官 藤田 耕三
     在日米国大使館 経済公使代行 マイケル・キャバノー

在日米国大使館経済公使代行
講演者:国土交通省 大臣官房審議官(航空(国際)担当) 堀内 丈太郎
    米国運輸省 航空・国際担当次官補代理 デイビッド・ショート
    成田国際空港株式会社 代表取締役社長 田村 明比古

パネルディスカッション 
モデレーター:運輸総合研究所 所長 山内 弘隆 
パネリスト:全日本空輸 専務執行役員(国際提携部担当) 藤村 修一
      日本航空 常務執行役員・経営企画本部長 西尾 忠男
      アメリカン航空 規制・国際担当部長 ロバート・ウィリック
      デルタ航空 上級副社長(政府担当) ヘザー・ウィンゲ―ト
      ユナイテッド航空 副社長(規制・政策担当) スティーブン・モリッシー
      成田国際空港株式会社 代表取締役社長 田村 明比古

開催概要

 アジア・太平洋地域の航空旅客輸送は、2018年に旅客数が16億人に達するなど拡大している。
 同地域の航空旅客輸送が拡大を続ける中、日本では、訪日外国人旅行者の目標(20204000万人:20306000万人)の実現に向けて、更なる航空需要に対応するため、羽田空港の飛行経路の見直しや成田空港の第3滑走路の整備による首都圏空港の機能強化、空港運営民間委託(コンセッション)を通じた地方空港のゲートウェイ機能強化が推進されている。
 一方、米国から日本以外のアジアへの長距離直行便の拡充、アジアの大規模空港インフラの拡張、東南アジアにおける長距離LCCの台頭など、アジア・太平洋地域における航空環境が激変しているところである。
 このような状況を踏まえ、日米の航空当局、航空会社、空港運営当局の代表者を招き、アジア・太平洋地域における将来展望や航空戦略をテーマとするシンポジウムを開催する。

Click here for more information in English