国際セミナー「変貌しつつあるASEANの大都市交通」

  • 総合交通、幹線交通、都市交通
  • 鉄道・駅

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

主催 一般財団法人 運輸総合研究所
後援 国土交通省
日時 2019/7/19(金)13:30~16:40
会場(所在地) 政策研究大学院大学 想海樓ホール
テーマ 「変貌しつつあるASEANの大都市交通」
講師 講 演:
 1  レ・トゥアン・アイン
     ベトナム交通運輸省国際協力局長
     ASEAN次官級会合議長
 2  ジョコ・サソノ・ソエマルノ
     インドネシア運輸省次官    
 3  ジュン・ビー・マグノ
     フィリピン国鉄総裁
           
パネルディスカッション:  
モデレーター:山内 弘隆 一般財団法人運輸総合研究所 所長
パネリスト :上記講演者3名に加え、
       森地 茂 政策研究大学院大学 政策研究センター所長
       水嶋 智 国土交通省 鉄道局長    

開催概要

 ASEANの大都市では、急激な経済成長に伴い、人口の過密・急増による交通混雑や環境汚染など深刻な課題を抱えており、生活環境の改善など都市の健全な発展が阻害されている状況です。そのような中、ハノイ市では都市鉄道整備の最初の路線整備が進められており、また、ジャカルタ市では今年3月にMRTが開通し、マニラ市では今年2月にメガマニラ圏地下鉄事業に着手するなど、ASEANの大都市における都市交通は大きく変貌しようとしています。
 このような状況を踏まえ、本セミナーでは、ASEANの運輸当局次官級代表者を招いてASEANにおける都市交通に関する講演とともに各都市における都市鉄道を中心とした交通政策の現状と将来について議論しました。

当日の結果

ベトナム交通運輸省のレ・トゥアン・アイン国際協力局長、インドネシア運輸省のジョコ・サソノ・ソエマルノ次官およびフィリピン国鉄のジュン・ビー・マグノ総裁から、各国の交通機関を取り巻く社会経済状況や都市鉄道整備における財源や沿線開発に関する課題について、講演しました。

【ベトナム:レ・トゥアン・アイン国際協力局長による講演のポイント】
・ベトナム/ベトナム運輸省(MOT)における情報
・陸上・海上交通における整備計画(将来の鉄道利用率の向上を目的とした鉄道の再構築など)
・2021年から2030年の各交通機

関整備計画
・都市交通の将来計画における現状課題

【インドネシア:ジョコ・サソノ・ソエマルノ次官による講演のポイント】
・ジャワ北幹線鉄道(ジャカルタとスラバヤ間のジャワ北幹線鉄道における準高速化事業)
・都市交通の整備(LRTおよびMRTの整備の推進)
・BRT整備計画(インドネシア全国でBRTの整備の推進)

【フィリピン:ジュン・ビー・マグノ総裁による講演のポイント】
・フィリピン交通計画
・交通戦略の策定(一日当たりの通勤時間の削減目標、世界中のベストプラクティスの活用方針、財源問題の解決に向けてのHybrid PPPの活用方針等)
・鉄道インフラの展開(プロジェクト実施戦略等)
・交通インフラ ルソン島の景観

【パネルディスカッションのポイント】
 各都市の都市鉄道整備に関する具体的な課題や政府の役割などについてディスカッションが行われました。日本も含めた都市鉄道の輸送力確保の問題や運賃制度の柔軟な運用による財源確保に関して問題提起がなされ、アジアにおけるPPPの現状や今後の課題などへの提案について活発な議論が行われました。

当日は、国土交通省藤田耕三国土交通事務次官に来賓挨拶をいただくとともに、国土交通省等政府機関、鉄道関係者、運輸交通関係団体、大学関係者、メーカー、商社、報道機関、コンサルタントなど約260名の方々に参加いただき、盛況なセッションとなりました。

seminar190719-2.JPG