AIとIoTが観光・運輸産業にもたらすインパクト
〜世界標準になるための活用事例と今後の経営戦略〜

  • 運輸政策セミナー
  • 観光
  • 新技術・イノベーション

第62回運輸政策セミナー

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2019/8/6(火)
会場(所在地) 運輸総合研究所 (東京)
テーマ 「 AIとIoTが観光・運輸産業にもたらすインパクト
    〜世界標準になるための活用事例と今後の経営戦略〜 」
講師 「日本初「AIチャットボット×観光」の導入事例と今後の可能性」
綱川 明美 株式会社ビースポーク代表取締役 社長

「IoTと観光・運輸産業の経営戦略」
福地 宏之 一橋大学大学院経営管理研究科 経営管理専攻 准教授

開催概要

1.日本初「AIチャットボット×観光」の導入事例と今後の可能性

近年、スマートフォンの普及や多言語人材の不足により、観光の領域でもチャットボットが急速に普及し、まさに今検討を進めている企業や自治体も多いところです。本セミナーでは、国内で1日4万人が利用する多言語AIチャットボット「Bebot(ビーボット)」活用事例を含め、今AIができること、そして今後の可能性を紹介します。特に訪日外国人対応に困っている現場にスポットを当て、多言語対応の自動化だけでなく、混雑緩和、送客、アップセルなど、普段と違った視点からその利用価値を探ります。また、AIの先端技術とチャット内で収集されるビッグデータを組み合わせた新たなビジネス創出に向けた動き、観光など各種産業における特徴的な活用事例を紹介します。

2.IoTと観光・運輸産業の経営戦略

様々なモノがインターネットでつながるIoT(Internet of Things)やそのデータのAI(人工知能)による処理が進展しています。この状況に対し、観光・運輸産業はどのように対応すれば良いでしょうか。今後、IoTやAIが産業にどのような影響を与えるのか、また、それに対して各企業がどう対応すれば良いかという問題に関して、経営学の立場、とりわけ経営戦略論の視点でどのように捉えられるかを解説します。

プログラム

講  師
綱川 明美<br>株式会社ビースポーク代表取締役 社長

綱川 明美
株式会社ビースポーク代表取締役 社長

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒。豪系投資銀行にて日本オフィス初の新卒として機関投資家向け日本株のリサーチ・セールスに従事。その後、日本株のトレーディング、海外企業の日本進出支援、日系金融機関の海外進出コンサルティング業務を担当し、フィデリティ・インターナショナルで機関投資家向け金融商品の開発を経て、2015年に株式会社ビースポークを設立。世界8カ国からトップレベルの開発者を採用し、「ガイドブックを超える体験」をコンセプトに、国内外の旅行セクターでAIを活用したソリューション「Bebot(ビーボット)」を展開中。現在、成田国際空港、京都市、JR東京駅、ホテルニューオータニ他多数施設へ導入中。

講  師
福地 宏之<br>一橋大学 大学院経営管理研究科 経営管理専攻 准教授

福地 宏之
一橋大学 大学院経営管理研究科 経営管理専攻 准教授

2003年一橋大学商学部を卒業。2009年一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了。一橋大学大学院商学研究科特任講師、東洋学園大学現代経営学部専任講師、准教授を経て2017年より現職。研究上の主たる関心は組織の市場対応のプロセスにある。現在の具体的な研究テーマは、1)組織構造とマーケティング戦略の関係、2)新興国市場への参入戦略と組織マネジメント、3)経営指標の組織的利用と戦略的意思決定の関係などである。