トピックス一覧 − 平成30年度

「第125回運輸政策コロキウム」開催のご案内 (2018年7月24日開催)
日時 平成30年 7月24日(火)18:00〜20:00(開場17:30)
場所 運輸総合研究所 2階 大会議室(日比谷線神谷町駅徒歩1分)
参加費 1,000円(軽食をご用意いたします。)
テーマ 「鉄道バリアフリー施設整備の効果と費用負担のあり方」
講師 五十嵐 達哉(運輸総合研究所研究員)
コメンテータ 谷口  綾子(筑波大学システム情報系社会工学域准教授)
概要  鉄道のバリアフリー施設整備は、現在目標として定められている3,000人/日以上駅の段差解消に関して、平成29年3月末時点の整備率が87%となるなど着実に整備が進んでいる。バリアフリー施設の整備にあたっては、社会福祉の観点も踏まえ、国・地方自治体・鉄道事業者の「三位一体」の取り組みとして、各主体が整備費用の1/3ずつを負担することを基本とされてきた。しかし、近年の費用負担の実績を見ると、厳しい財政状況である地方公共団体の負担が1/3を下回り、鉄道事業者の負担が増加しており、今後のバリアフリー整備が円滑に進まない恐れがある。
 本講演では、バリアフリー施設(エレベーター)の利用実態およびRPデータを基にしたバリアフリー施設の整備効果検証の結果を報告する。また、それらの結果を踏まえ、今後の鉄道バリアフリー施設の費用負担のあり方の方向性に関する議論を行う。
申込み 以下のURLからお申し込みください。 
https://krs.bz/jterc/m/125collo

(お申し込みは、7月20日(金)までにお願い致します。)
問合せ先 03-5470-8415(企画室)
「シンポジウム 東京圏の鉄道と沿線の魅力−課題と将来展望−」開催のご案内(2018年7月20日開催)
日時 平成30年7月20日(金)13:00〜18:00(12:30開場、13:00開会)
場所 笹川記念会館 国際会議場(港区三田3-12-12)
入場料 無料
基調講演 「将来の地域の活性化と鉄道のあり方」
森地  茂  政策研究大学院大学 政策研究センター所長
特別講演 「イノベーションと地方創生」
和泉 洋人  内閣総理大臣補佐官
その他 研究報告、パネルディスカッション等
申込み   以下のURLからお申し込みください。
https://krs.bz/jterc/m/sympo180720_web
(お申込みは7月12日(木)までにお願いします。)
問合せ先 03-5470-8405(調査事業部)
「第56回運輸政策セミナー」開催のご案内 (2018年6月19日開催)
日時 平成30年 6月19日(火)18:00〜20:00(開場17:30)
場所 運輸総合研究所 2階 大会議室(神谷町駅徒歩1分)
参加費 1,000円(軽食をご用意いたします。)
テーマ 「自動運転の開発、普及促進を支える法制度整備の動向」
講師 小林 豊  国土交通省大臣官房参事官(自動車局保障制度参事官)
概要 自動運転の実用化を図るための環境整備として、技術開発とともに法制度面での対応が必要である。「官民ITS構想・ロードマップ2017」(平成29年5月30日決定)に示された方針に基づき4月には制度整備大綱が策定され、民事、刑事を含む法制度の対応方針が示された。このうち自動車損害賠償責任のあり方については2025年を目途とした過渡期における対応について具体的な整理をしたところである。
 本講演では制度整備の概況を海外の状況も交えて紹介するとともに、自動車損害賠償の分野における対応について議論の過程を含めて説明する。
申込み 以下のURLからお申し込みください。 
https://krs.bz/jterc/m/56semi

(お申し込みは、6月15日(金)までにお願い致します。)
問合せ先 03-5470-8415(企画室)
「第124回運輸政策コロキウム」開催のご案内 (2018年5月29日開催)
日時 平成30年 5月29日(火)18:00〜20:00(開場17:30)
場所 運輸総合研究所 2階 大会議室(日比谷線神谷町駅徒歩1分)
参加費 1,000円(軽食をご用意いたします。)
テーマ 「北海道発着鉄道貨物の行方」
講師 越智 秀信 (運輸総合研究所招聘研究員)
コメンテータ 石井 吉春 (北海道大学公共政策大学院特任教授)
概要  北海道鉄道はモータリゼーションの進展等に伴い競争力を失い、1964年に約4000kmあった路線長は徐々に減り、国鉄改革の1987年4月には約3200kmに、北海道新幹線新函館北斗開業の前々年に江差線が廃止され、約2500kmになった。
 ついに、2016年11月JR北海道が「単独維持困難線区」(総延長約1200km)を公表、これら対象線区のいくつかでは地元と協議が始まっている。一方、北海道新幹線は2030年度札幌延伸が予定されている。
 他方、北海道の鉄道貨物は青函トンネルの開業後、特に大きな役割を果たし、シェアは8.1%である(全国では1%を切る)。北海道農産物道外向け出荷 約335万tでは鉄道貨物は約30%に達する。最大の食糧基地である北海道から の鉄道輸送は非常に重要な役割を果たすとともに、農業は北海道経済の根幹 を占める。
 JR北海道の「単独維持困難線区」、北海道新幹線札幌延伸に伴う並行在来線問題により鉄道貨物輸送は多大な影響を受ける。一方、人口減少・高齢化 等に伴う社会構造の劇的な変化の中で、労働力不足が叫ばれており、特にトラック運転士不足はすでに全国的な問題となっている。
 こうした中で、将来を考え、北海道発着の鉄道貨物の行方に関して、今何をなし、何を検討すべきかを明らかにすることが本講演の目的である。
申込み 以下のURLからお申し込みください。 
https://krs.bz/jterc/m/124collo

(お申し込みは、5月24日(木)までにお願い致します。)
問合せ先 03-5470-8415(企画室)
「研究報告会2018年春(第43回)」開催のご案内(2018年5月15日開催)
日時 平成30年5月15日(火)13時〜18時
(12時30分開場、13時00分開会)
場所 海運クラブ国際会議場(千代田区平河町2-6-4) 
入場料 無料
特別講演 「JR東日本グループの現状と今後の展望(仮)」
冨田 哲郎 東日本旅客鉄道株式会社取締役会長
その他 研究員からの発表5本
申込み   以下のURLからお申し込みください。
https://krs.bz/jterc/m/43symposium
(お申込みは5月8日(火)までにお願いします。)
問合せ先 03-5470-8415(企画室)
「第55回運輸政策セミナー」開催のご案内 (2018年4月17日開催)
日時 平成30年4月17日(火)18:00〜20:00(開場17:30)
場所 運輸総合研究所 2階 大会議室(日比谷線神谷町駅徒歩1分)
参加費 1,000円(軽食をご用意いたします。)
テーマ 「自動運転の現状と展望」
講師 鎌田 実 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授
概要  自動運転に関する報道等を目にする機会が多くなっており、完全自動運転がすぐにでも実現するような期待も強い。国の目標としては2020年までに限定範囲での事業化までが記されている。
 しかしながら、完全自動化の実現にはまだまだ時間がかかりそうというのが現実である。本講演では、自動運転の現状について正確に中身を知ってもらうことを目指し、最近の取り組み状況や技術レベル等について解説し、今後の展開についての見通しを述べる。
問合せ先 03-5470-8415(企画室)
e-mail collo@jterc.or.jp 

過去のトピックス一覧に戻る