トピックス一覧 − 平成29年度

「第53回運輸政策セミナー」開催のご案内
日時 平成29年7月19日(水)18:00〜20:00(開場17:30)
場所 運輸総合研究所 2階 大会議室(日比谷線神谷町駅徒歩1分)
参加費 1,000円( 軽食をご用意いたします。) 
テーマ 「日本−スイス交流 〜スイス大使時代の経験から〜」
講師 前田 隆平 全日本空輸株式会社取締役
      前在スイス日本国特命全権大使
講師コメント  私は2013年2月から2016年3月まで在スイス大使の任にあった。
中立性、多様性、独立性などの特徴を有するスイスという国の奥深さは誰もが認めるところであり、3年間、興味の尽きることはなかった。
 私が着任した時には、EPAの締結など主要経済案件は既に片付いており、私の最大の責務は、もとより良好な日本−スイス関係をさらに増進させることであった。おりしも2014年は両国の国交樹立150周年であり、皇太子殿下のスイスご訪問、スイス大統領の訪日、240件を超えるイベントの開催などを通じて相互理解が大いに深まった。
 一連の交流事業を推進していくうちに、私は、このような友好関係の構築更には増進の中にこそ二国間外交の本質があると認識するに至った。
問合せ先 03-5470-8415(企画室)
(お申込みは7月14日(金)までにお願い致します。)
「運輸総合研究所 研究報告会2017年春(第41回)」開催のご案内
日時 2017年5月23日(火)13時00分〜18時00分
(12時30分開場、13時00分開会)
場所 海運クラブ国際会議場(千代田区平河町2-6-4) 
入場料 無料
特別講演 「Japan Taxi 2020」
川鍋 一朗 日本交通株式会社 代表取締役会長
問合せ先 03-5470-8415(企画室)
(お申込みは5月16日(火)までにお願い致します)
九州運輸セミナー 〜熊本地震から1年 九州の観光復興〜
日時 平成29年4月18日(火)
 セミナー:13:30〜17:00(開場13:00)
 懇談会 :17:00〜18:30
主催 一般財団法人運輸総合研究所、公益財団法人九州運輸振興センター
後援 国土交通省九州運輸局、一般社団法人九州経済連合会、一般社団法人九州観光推進機構
会場 ソラリア西鉄ホテル
福岡市中央区天神2-2-43 ソラリアプラザビル
 セミナー:8階「彩雲 花」
 懇談会 :8階「彩雲 月」
会費 無料
概要  平成28年4月に熊本地震が発生するとともに、同年10月に阿蘇山が噴火し、熊本を中心に甚大な被害を及ぼしました。こうした中で風評被害により観光客が減少し、観光産業が大きな被害を受けていることが報道されております。こうしたことから、震災復興に向けて関係者の議論を深めることを目的として、観光振興をテーマに九州運輸セミナーを開催致します。特別講演では、日本通運株式会社業務部長 山本慎二様をお迎えし、熊本地震の災害支援物資対策についてご講演をいただく予定です。
プログラム
【開会挨拶】 13:30〜13:35
 山内 弘隆(一般財団法人運輸総合研究所所長)
【来賓挨拶】 13:35〜13:40
 佐々木 良(国土交通省九州運輸局長)
   
<第 1 部>  
【講  演】 13:40〜14:00
「九州における観光の現状について」
 伊地知 英己(国土交通省九州運輸局観光部長)
【研究報告】 14:00〜14:20
「地域における災害時の観光客対応の現状」
 栗原  剛(東海大学観光学部観光学科講師)
 
【特別講演】 14:20〜15:20
「熊本地震の災害支援物資対策と今後の課題 〜災害現場で何が起こっていたのか〜」
 山本 慎二(日本通運株式会社業務部長)

【コーヒーブレイク】 15:20〜15:35

<第 2 部>  
【パネルディスカッション】 15:35〜16:55
「九州の観光復興に向けて」
 コーディネーター:
  山内 弘隆(一般財団法人運輸総合研究所所長)
 パネリスト:
  廻  洋子(淑徳大学経営学部教授、4月より敬愛大学国際学部教授就任予定)
  燒リ 直人(公益財団法人九州経済調査協会理事長)
  後藤 靖子(九州旅客鉄道株式会社常務取締役)
  永田 祐介(阿蘇内牧温泉蘇山郷館主)
  堀田  治(国土交通省九州地方整備局港湾空港部長)
  伊地知英己(国土交通省九州運輸局観光部長)
   
【閉会挨拶】 16:55〜17:00
 竹島 和幸(公益財団法人九州運輸振興センター会長)
司会:北河  渉(一般財団法人運輸総合研究所総務部企画室長)
問合せ先 TEL:03-5470-8415 (企画室 担当:新倉)
(お申し込みは4月14日(金)までにお願いします。)

過去のトピックス一覧に戻る