日本財団
国際フォーラム「International Forum on the Long-term Impacts of Low Emissions Transport Policies and Actions in the ASEAN」の開催について
実施日時 平成24年12月4日(火) 9:00〜15:00
実施場所 Hotel Nikko Hong Kong (香港)
主催 運輸政策研究機構
参加人数 40名

 当機構では2011年より、地球温暖化を考慮したASEAN初の長期的な交通政策の提言を行うことを目的に、ASEAN各国等の研究機関や研究者と連携して国際研究プロジェクト「地球温暖化を踏まえたASEANの長期交通行動計画に関する研究」を行っている。
 このフォーラムは、本研究プロジェクトの一環として、これまでの研究成果や、ASEAN各国の現状や取り組み、将来ビジョンの必要性について理解を深めることを目的として開催したものである。本フォーラムにおいては、ASEAN各国および日本の政府高官や研究者、国際機関関係者らの出席のもと、日ASEANの交通分野における協力の現状等についての講演や、本プロジェクトで開発した政策評価ツールを用いて得られた各国の将来像に関する分析結果等の報告が行われるとともに、ASEANにおける低炭素交通の実現に向けた課題等について、発表者や参加者の間で活発な意見交換が行われた。

開会挨拶 Sophie Punte(Clean Air Asia エグゼクティブディレクター)
鷲頭 誠(運輸政策研究機構国際問題研究所所長)
発表 松岡 巌(運輸政策研究機構国際問題研究所研究アドバイザー)
基調講演 Lew Fulton(カリフォルニア大学デービス校)
稲葉一雄(国土交通省国際統括官)
発表 Paul Emmerson(英国交通調査研究所)
岡 和孝(みずほ情報総研)
Alvin Mejia(Clean Air Asia)
Danang Parikesit(ガジャマダ大学教授)
Mongkut Piantanakulchai(タマサート大学准教授)
Regin Regidor(フィリピン大学教授)
Rehan Karim(マラヤ大学教授)
パネルディスカッション モデレーター:
  Heather Allen(英国交通調査研究所)
パネリスト:
 Lew Fulton(カリフォルニア大学デービス校)
 Khuat Viet Hung(ベトナム運輸省)
 Chanchai Suwisuttagul(タイ運輸省)
 Danang Parikesit(インドネシア公共事業省顧問)
 Lloyd Wright(アジア開発銀行)
閉会挨拶 燗c陽介(運輸政策研究機構国際問題研究所国際業務室長)

PDF当日の様子を写真(pdfファイル:637KB)でご覧いただけます。
GET Adobe Reader※PDFをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。右のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードするか、コンピューター関連雑誌の付録CD-ROMなどで入手し、インストールしてください。

 

セミナー開催一覧に戻る