助成 日本財団   当機構の業務は、日本財団の助成を受けて実施しています。
桜寄贈100 周年記念観光シンポジウム 〜日本の魅力〜
実施日時 2012 年3月23日(金)15:00〜18:00
実施場所 ワシントンポスト社カンファレンス・センター(米国ワシントンDC)
参加人数 223名

 2012 年は、日本から米国に桜が寄贈されてから100周年目に当たることから、その記念事業の一環として、国土交通省、観光庁、在米国日本大使館及び国際観光振興機構(JNTO)と連携してシンポジウムを開催し、交通・観光の側面から「日本」の魅力について紹介・意見交換を行った。
 具体的には、日本の観光地としての魅力のほか、国内移動に必要な高速鉄道網の充実ぶりについて、日米関係者による紹介のほか、聴衆も参加した意見交換、さらには展示を行い、東日本大震災からの復興をアピールするとともに、米国民の日本及び日本の高速鉄道への理解と関心の醸成、日米の友好関係の一層の深化を図った。

開会挨拶 松山 良一  国際観光振興機構(JNTO)理事長
基調講演 アイリーン・ヒラノ・イノウエ 日米評議会会長
藤崎 一郎 アメリカ合衆国駐箚全権特命大使
トーマス・R・ナイズ 米国国務副長官
北村 隆志 国土交通審議官
講演1
(日本の魅力について― 米国の視点から)
ヴィネイ・デューベ デルタ航空アジア・太平洋地区担当上級副社長
マイケル・ヤマシタ ナショナルジオグラフィック・フォトグラファー
ケネス・キースノスキ トラベルウィークリー・エディター
講演2
(日本の魅力について― 日本の視点から)
西山 隆雄 JR グループ ニューヨーク事務所長
橋本 修男 JR 西日本 鉄道本部営業本部長兼東京営業部長
日高 淳一 JR 九州 取締役鉄道本部副本部長 運輸部長
閉会挨拶 鷲頭 誠 運輸政策研究機構国際問題研究所長


PDF当日の様子を写真(pdfファイル:224KB)でご覧いただけます。
GET Adobe Reader※PDFをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。右のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードするか、コンピューター関連雑誌の付録CD-ROMなどで入手し、インストールしてください。

ボートレースファンからの贈り物

 

セミナー開催一覧に戻る