助成 日本財団   当機構の業務は、日本財団の助成を受けて実施しています。
2050年のASEAN:交通システムとそのエネルギー、環境、気候変動に与える影響
実施日時 平成24年2月22日 9:00〜17:30
実施場所 Nikko Bali Resort and Spa (バリ、インドネシア)
主催 運輸政策研究機構
参加人数 27名 (クローズドミーティング)

 当機構では2011年より、地球温暖化を考慮したASEAN初の長期的な交通政策の提言を行うことを目的に、ASEAN各国等の研究機関や研究者と連携し「地球温暖化を踏まえたASEANの長期交通行動計画に関する研究」を行っているところである。

 本国際会議は、本プロジェクトのこれまでの研究成果や、ASEAN各国の現状や取り組み、将来ビジョンについて、関係者の理解を深めることを主な目的として開催されたものであり、インドネシア運輸省のスサントノ副大臣を初めとするASEAN各国の政府関係者や研究者、国際機関関係者などの出席のもと、ASEANにおける各国の取り組みや将来の交通のあり方などについて、活発な意見交換が行われた。

開会挨拶
高田陽介 運輸政策研究機構国際問題研究所 国際業務室長
来賓挨拶
バンバン・スサントノ インドネシア運輸副大臣
発表
P.クリスト 国際交通フォーラム・経済協力開発機構共同研究センター 管理官
松岡 巌 運輸政策研究機構 国際問題研究所 調査役
P.エマーソン 英国交通調査研究所
A.メヒア クリーンエアーイニシアティブ
坂本 耕 アジア開発銀行
R.ハース ドイツ国際協力公社
J.ロメロ (財)地球環境戦略研究機関
パネルディスカッション モデレーター
H.アレン 英国交通調査研究所 持続可能交通プログラム ディレクター
パネリスト
E.シナガ インドネシア運輸省
L.ヒメネス フィリピン運輸通信省
A. チトラヌックル タイ運輸省
T.A.ドン ベトナム運輸省
H.スピアー マレーシア運輸省
B.スラヤカン ラオス公共事業運輸省
閉会挨拶
S. プンテ クリーンエアーイニシアティブ エグゼクティブディレクター

PDF当日の様子を写真(pdfファイル:380kB)でご覧いただけます。
GET Adobe Reader※PDFをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。右のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードするか、コンピューター関連雑誌の付録CD-ROMなどで入手し、インストールしてください。

ボートレースファンからの贈り物

 

セミナー開催一覧に戻る