助成 日本財団   当機構の業務は、日本財団の助成を受けて実施しています。
大都市圏における複数空港の併存のあり方に関するセミナー
実施日時 2012年2月1日(水) 15:00〜18:00
実施場所 セントレジスホテル(ワシントンDC)
参加人数 127名

 我が国では、首都圏においては羽田・成田、関西圏においては関空・伊丹と同じ経済圏に複数の主要空港が併存しているが、首都圏では成田の発着容量の段階的拡大や羽田の再国際化、関西圏では関空と伊丹の経営統合など、それぞれの空港の経営環境は大きく変化している。一方、米国においてもニューヨークをはじめとして、大都市圏に複数の空港が競争しつつ並存している例が多く見られる。
 こうした状況を背景に、本セミナーでは、空港運営に関する専門家から、我が国における首都圏・関西圏の空港のダイナミズムの変化や米国における複数空港並存の事例等についてプレゼンテーションをいただいた。また、パネルディスカッション及び質疑応答では、複数空港並存のあり方に関する課題と将来の展望について、聴衆も交えた活発な議論が行われた。

開会挨拶 鷲頭 誠 運輸政策研究機構 国際問題研究所長
基調講演 黒野 匡彦 運輸政策研究機構 会長(前 成田国際空港株式会社 代表取締役社長)
岩村 敬 関西国際空港株式会社 取締役会長
ラルフ・F・トラガーリ ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社アシスタント・ディレクター
グレッグ・プリンシパト 国際空港評議会北米支部(ACI-NA) 代表
パネルディスカッション及びQ&Aセッション 上記基調講演者及び
グレン・P・ウィックス The Wicks Group代表(モデレーター)


PDF当日の様子を写真(pdfファイル:654KB)でご覧いただけます。
GET Adobe Reader※PDFをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。右のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードするか、コンピューター関連雑誌の付録CD-ROMなどで入手し、インストールしてください。

ボートレースファンからの贈り物

 

セミナー開催一覧に戻る