助成 日本財団   当機構の業務は、日本財団の助成を受けて実施しています。
「国際問題研究所設立20周年記念セミナー アジアの低価格航空会社(LCC)と日本のインバウンド観光 〜我が国におけるLCCの発展と観光振興の鍵を探る〜」の開催結果について
実施日時 平成23年10月11日(火)13:30-18:00
実施場所 都市センターホテル5F「オリオン」
主催 運輸政策研究機構国際問題研究所
参加人数 303名

 これまで欧米を中心に発達をしてきた低価格航空会社(LCC)は、近年アジア航空市場において著しい成長を遂げつつあり、我が国においても、急激にLCCの乗り入れや新規立ち上げの動きが加速しています。LCCの発展は、我が国の航空市場や航空政策に大きな変革をもたらすだけでなく、観光を中心とした新たな旅客需要を掘り起こし、アジア等の諸外国から我が国へのインバウンド観光振興にも大きく寄与するものと期待されています。
 そこで、本セミナーでは、こうしたLCCを巡る様々な動きを踏まえ、内外の学識経験者やLCCのトップを招聘して、LCCの現状と将来、そしてLCCが我が国航空市場やインバウンド観光にもたらすインパクト等についてご講演いただきました。また、パネルディスカッションでは、アジアにおけるLCC事業の成功の鍵は何か、政府等に対する要望は何か、東北大震災からの復興にLCCはどう貢献できるか等について活発な議論が行われました。

主催者挨拶 鷲頭 誠 (財)運輸政策研究機構 国際問題研究所 所長 当日講演資料PDF
第一部
基調講演
「世界の航空市場の現状と将来」 ケネス・バトン ジョージメーソン大学教授(当日講演資料PDF
「アジア航空市場の将来」 ブルース・ブキャナン ジェットスターグループCEO (当日講演資料PDF
「日本版LCCの将来ビジョン」 井上 慎一 Peach Aviation(株)代表取締役CEO (当日講演資料PDF
「LCCが観光に与える影響について」 原 忠之 セントラルフロリダ大学 ホスピタリティ経営学部副学部長 (当日講演資料PDF
第二部
パネルディスカッション
「日本航空市場におけるLCCの発展とインバウンド観光促進の鍵は何か」
モデレーター 山内弘ヘ  一橋大学大学院商学研究科教授
パネリスト 基調講演者4名

PDF当日の様子を写真(pdfファイル:756KB)でご覧いただけます。
GET Adobe Reader※PDFをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。右のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードするか、コンピューター関連雑誌の付録CD-ROMなどで入手し、インストールしてください。

ボートレースファンからの贈り物

 

セミナー開催一覧に戻る