助成 日本財団   当機構の業務は、日本財団の助成を受けて実施しています。
運輸産業を通じた経済活性化に関するセミナー〜運輸部門からの経済活性化と雇用創出を考える〜
実施日時 平成22年10月20日(水)
実施場所 メイフラワー・ルネッサンス・ワシントン
参加人数 95名

 本セミナーでは、運輸部門が経済活性化にどのように関わっているかという点について、鉄道及び地下鉄運行事業者を代表する専門家から、駅の内部及び周辺の開発及び関連する新規事業の開拓について、また、大手鉄道車両製造事業者からは雇用創出を通じた地域経済への貢献についてそれぞれ紹介していただいた。パネルディスカッション及び質疑応答では、鉄道事業における資金調達や将来性等について、講演者と聴衆の間で幅広い活発な意見交換が行われた。

主催者挨拶 運輸政策研究機構国際問題研究所長  鷲頭 誠
基調講演
東京地下鉄株式会社 事業開発部長   肥後 謙一氏
ワシントン首都圏交通局 企画開発部 副部長   ゲリー・モラスキー氏
東日本旅客鉄道株式会社 国際業務部長   東 充男氏
首都圏新都市鉄道株式会社 常務取締役   杉浦 浩氏
カワサキレールカー 営業部長   モーリス・アンドリアーニ氏
パネルディスカッション
及び
Q&Aセッション
上記基調講演者及び
ブルッキングス研究所 経済部上級研究員 クリフォード・ウィンストン氏(司会)

PDF当日の様子を写真(pdfファイル:322KB)でご覧いただけます。
GET Adobe Reader※PDFをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。右のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードするか、コンピューター関連雑誌の付録CD-ROMなどで入手し、インストールしてください。
ありがとう競艇 この講演会は競艇の交付金による日本財団の助成金を受けて実施しました。

 

セミナー開催一覧に戻る