Adobe Reader
※PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方は上記バナーをクリックしてダウンロードしてください。

アジア諸国における都市間交通システムに関する
国際共同研究(ICT)
(Intercity Transport System in Asian Countries)

1.概要

アジアの発展途上国では、急激な経済成長により、交通需要が激増しており、都市間交通のインフラとサービスが著しく不足している。こうした国々のインフラ整備計画は、長期的なシナリオ等が欠如しているため、モード間の適切なバランスや効率的なネットワークが構築できないことや、計画を実現する際の整備財源の確保などが課題となっている。こうしたことから、本研究では、アジアの発展途上国における既存インフラの評価や交通投資ニーズの把握などを行い、国際競争力、地域間のバランス、低炭素輸送などを考慮した都市間交通システムの構築に向けた政策提言を行う。

<研究期間:2009〜>

2.研究メンバー

参加国 氏名 所属
日本 森地茂所長
伊東誠主席研究員
アチャリエ スルヤ ラージ主任研究員
エスマエル モハメド オマー研究員
運輸政策研究所
韓国 Dr. Young-In Kwon 韓国交通研究院(KOTI)
台湾 Prf. Cheng-Min Feng 国立交通大学(台湾)
中国 Prof.Liu Kai 大連理工大学
Dalian Univ. of Technology, Center of Transpiration Research
ベトナム Dr. Trihn Van Chinh 環境・交通開発センター
Center of Environment & Transport Development
タイ Prof. Pichai Taneerananon ソンクラーナカリン大学
Dept of Civil Engineering, Prince of Songkla University
インドネシア Prof. Sutanto Soehodho インドネシア大学
University of Indonesia
マレーシア Prof. Mohamed Rehan Karim マラヤ大学交通研究センター
Deputy Dean-Research and Postgraduate program-, Faculty of Engineering, University of Malaya, Kuala Lumpur
インド Mr. Raghu Dayal アジア交通開発研究所
Asian Institute of Transport Development New Delhi, India
ネパール Dr. Tara Nidhi BHATTARAI トリブバン大学
Tribhuvan University , Nepal

3.調査の内容

1)アジア諸国における都市間交通の現況把握
 交通需要と機関分担、交通インフラの水準と投資、交通サービス水準の実態などについて把握を行う。

2)定量分析の実施
 インフラ整備ニーズの把握し、ニーズと投資資金の乖離に関する総合指標を作成し定量的に分析を行う。

3)政策分析の実施
 これまでの検討を踏まえ、導入すべき都市間交通システムと資金戦略に関する検討を行い、戦略的政策について提言を行う。