Adobe Reader
※PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方は上記バナーをクリックしてダウンロードしてください。

ITPS REPORT ABSTRACT <No.9807>

Sep.1998

航空分野における規制緩和・民営化の成果
客員研究員   中条 潮 (慶応義塾大学商学部教授)
Prof. Dr. Ushio Chujo
研究助手待遇   中島 隆信 (慶応義塾大学商学部助教授)
研究補助員   伊藤 規子 (慶応義塾大学商学部助教授)

Performance of Liberalization and Privatization in Civil Aviation
Researcher: Prof. Dr. Ushio Chujo

 

 本報告書は航空分野における規制緩和・民営化の影響をさぐることを目的としている。

 本報告書の第2章では,日本の航空3社の全要素生産性を計測し,86年における航空輸送政策の微々たる緩和でさえ,航空三社の路線ネットワークに大きな影響を及ぼしたことを確認した。

 本報告書の第3章と4章では英国とオーストラリアの空港民営化およびニュージーランドの管制の公有商業会社化を紹介することによって,航空下部棉造の民営化・商業会社化が価格の低下と投資の拡大を含む良好な成果をもたらすと考えられることが示され,また,民営化・商業会社化を日本で実行するためには,内部補助システムを排除し,思い切った規制緩和を実行し,経営の自由度を保証することが必要であることが述べられている。


A new perspective stressing the value of allowing for market mechanism in the regulated industries has been advanced, especially in the field of civil aviation where air transport market has been deregulated in most of advanced countries. Also privatization or commercialization of its infrastructure (airport and air traffic control services) has been achieved in some countries.

The chapter 2 of the report estimates TFP of the Japanese airlines and shows even partial liberalization of regulation on airlines in 1986 brought change of networking policies of the airlines.

The chapter 3 and 4 of the report show relatively good performance of privatized airports in the UK and in Australia and commercialized air traffic control services in New Zealand. The chapter 4 also shows that elimination of cross-subsidy system and deregulation in the air transport sector is indispensable in order to privatize air transport infrastructure in Japan.

 

戻る