Adobe Reader
※PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方は上記バナーをクリックしてダウンロードしてください。

ITPS REPORT ABSTRACT <No.9805>

Sep.1998

日独における国内航空規制緩和と運賃水準の比較
研究員   アンドレア オバーマウア
副研究員   神山 裕之

Comparison of the Deregulation Policy in Domestic Aviation and of Fare Levels in Germany and Japan
Researcher: Dr. Andrea OBERMAUER
Assistant Researcher: Mr. Hiroyuki KAMIYAMA

 

 数年前から,日独両国における交通政策は大きな変化を遂げてさた。この規制緩和政策に関しては国内航空のシステムへ与えた影響が大きかったといえる。

 様々な経済状況の変化により両国の規制緩和の政策が進み,国内航空市場の構造や運賃水準も大きな変化を遂げた。しかしながら両国における規制緩和の動きは国内の経済状況の理由のみから生じたのではなく,1978年に始まる米国の航空規制緩和から受けた影響も強かったといえよう。このような背景を踏まえ,本論文では米国における規制緩和の発展とその結果を述べた上で,日独の規制緩和の特徴とその目的,航空市場の規模と需要の相違及びその変遷が分析される。また両国の運賃規制緩和と運賃戦略への影響について検討する。特に完全自由化となったドイツにおける新規航空会社の運賃戦略について検討し,同時に日本における運賃水準との相違の理由について分析する。そしてこれからの日本における規制緩和の政策の影響を中心として規制全体の見直しと運賃の完全自由化,または新規航空会社の市場参入のための方策が説明される。本論文は,米国とEUにおいて進展した規制緩和政策とその影響をもとに,日本の状況と比較し,今後の日本国内航空市場の規制緩和における問題点を分析した上で,具体的な政策を提案することをその目的とするものである。


Due to political and economical necessities a deregulation process started in the Japanese and German domestic air transport markets that led to changes also in scheduled passenger transport. In Europe and in Japan, the development towards liberalization was also influenced by the American deregulation policy in the late 1970s. In Japan, the deregulation started to promote better competition conditions for Japanese airlines in international and domestic markets whereas the call for liberalization of air transport in Europe was part of the process to built a single market. The deregulation policy caused also several changes in the German domestic air transport market with new airlines' entries ending the market's monopolistic structure. The aim of the paper is to point out the differences in deregulation policy and its effects on the former regulated domestic air transport markets in Japan and Germany focusing on the fare development. In Europe, all airlines can set their fares freely, and since April 1997, they can offer their service in any domestic market of EU member-states without capacity limitations. In Japan, a zone fare system was adopted in 1996 allowing Japanese airlines to set passenger fares in a certain range freely, similar to the EU 2nd package of common air transport. Regarding the changes in market structure and passenger fare system, recent developments will be evaluated and future trends analyzed for both countries and suggestions win be given for a further deregulation.

 

戻る