Adobe Reader
※PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方は上記バナーをクリックしてダウンロードしてください。

ITPS REPORT ABSTRACT <No.9804>

Jun.1998 自動車交通による外部不経済抑制策の国民経済的評価―CGEとDCGEの比較分析―
客員研究員   上田 孝行 (工学博士/岐阜大学工学部土木工学科助教授)
研究協力   武藤 慎一 (工学修士/岐阜大学大学院工学研究科)
    森杉 寿芳 (工学博士/東北大学大学院情報学科研究科教授)

The National Economic Evaluation of Policies for the Regulation of Automobile-related External Diseconomies - Comparative Analysis between CGE and DCGE-
Researcher: Assoc.Prof. Dr. Takayuki Ueda

 

 自動車交通に起因する外部不経済の抑制策は,外部不経済の抑制には効果のある反面,市場経済には員の影響を与えるとの問鹿がある。そこで本研究では,外部不経済抑制策を総合的に評俄するために,応用一般均術理論に基づく社会経済モデルを用いた政策評価の方法論を提案する。特に本稿では,静学的応用一般均衡(CGE)モデルと動学的応用一般均衡(DCGE)モデルによる政策評価の比較分析を行った。そして,各モデルの長所と短所を考慮に入れた上で,いくつかの政策について有効性の検討を行った。


The Policies to regulate external diseconomies caused by automobiles are expected to reduce automobile-related externalities. It is well known, however, that these policies ge11erate the market disbenefit. Hence the paper proposes a socioeconomic model for evaluating regulation policies, whose framework is based on the computable general equilibrium model. In this paper, we evaluate the some regulation policies with both computable general equilibrium (CGE) and dynan7dc computable ge11eral equilibrium (DCGE) model, and compare the effectiveness among the them considering merits and demerits of each model.

 

戻る