Adobe Reader
※PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方は上記バナーをクリックしてダウンロードしてください。

ITPS REPORT ABSTRACT <No.9801>

May.1998 国際船舶登録制度と日本への適用可能性
客員研究員   山岸 寛 (東京商船大学教授)
研究協力   室谷 正裕 (運輸政策研究所主任研究員)
    水流 正英 (運輸政策研究所研究員)

International Ship Register System and its Applicability to Japan
Researcher: Dr. Hiroshi YAMAGISHI

 

 わが国では、フラッギング・アウト(他国に船舶を移籍すること)が進行している。このような現象は、経済安全保障の観点から見ると、決して好ましいものではなく、何らかの対策が必要である。ノルウェーやドイツなどの欧州諸国でも、直面するフラッギング・アウトに対処するため、NISやGISといった国際船舶登録制度が導入されている。これらの制度では、1第二船籍制度、2マンニング規制の緩和、3税制優遇措置などが大きな柱となっている。わが国でも1996年に国際船舶制度が導入されたが、その内容は欧州諸国の国際船舶登録制度に比べ不十分なため、同制度によるフラッギング・アウトの防止効果は期待できないと思われる。そこでわれわれは、わが国にも、欧州の国際船舶登録制度を導入することを提案したい。これにより、国際船舶に配乗させる日本人は船長のみでよいことになり、わが国船主のコスト削減を通じて、日本籍船の競争力が増すことが期待できる。


In our country, nagging-out(the transfer of a vessel to another country) is increasing. This phenomenon is by no means desirable from the standpoint of economic security. Therefore, it is necessary to take some measures immediately. International ship register system such as NIS and GIS were introduced in European countries such as Norway and German in the 1980s. This system's characteristics are composed of three points, that is; an establishment of a second ship register, deregulation of the manning system, and a tax reduction system. International ship register system was also introduced to protect nagging-out in our country in 1996. But, it is quite different from the contents of the European one. So, it is uncertain as to whether this system can contribute to the protection of nagging-out. We propose to introduce the same international ship register system as the European one in Japan as well. There is no restriction on the nationality of the vessel's crew members except that the captain must be a Japanese national. By using this ship register system, the cost of Japanese ship owners could be substantially reduced. So, in conclusion, the competitiveness of Japan-registered vessels must be increased.

 

戻る