Adobe Reader
※PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方は上記バナーをクリックしてダウンロードしてください。

ITPS REPORT ABSTRACT <No.0201>

Mar.2002 激しい競争にあるアジアの港湾 ―コンテナ港の直面する課題―
レ・ダム・ハン 運輸政策研究所客員研究員

COMPETITIVE PORT ENVIRONMENT:CHALLENGES FACING CONTAINER PORTS IN ASIA
Researcher: LE DAM HANH Visiting Researcher Institute for Transport Policy Studies

 

1.はじめに
アジアの港湾管理者は、この数十年、輸出品の生産を基礎とする長期にわたる急速な経済成長の中で、施設の発展と運営の改善を追い求めてきた。貿易政策の自由化やしっかりした法律システムの整備により、二国間あるいは多国間の政府による借款や援助も含めて、外国からの直接投資を惹き付けてきた。 今日では、政治的、経済的、技術的な力の凝集は海運業を含む様々な団体の組織構造と活動機能を変化させつつある。コンテナ海運の全体的な環境は、かつて決してより競争的であったことはなかったし、またはそのような急な変化の下にあったことはなかったと言うことができる。主要な航路に起こっているいくつかの競争の変化とは、世界的規模での海運会社の提携アライアンスの形成や、アジアの主要貿易航路において巨大船の配船などである。これらの運送会社の戦略の変化は、この地域の港に重要な影響を与えている。 別の環境の変化は、国際港湾・ターミナルオペレーターの登場と、彼らによる港湾の取得と開発への積極的な関与である。これらの民間会社の参入は、港湾施設の融資、管理、運営方法を変化させている。世界的規模での効率性を達成するための進んだ情報技術の使用は、これらの会社の経営戦略になっている。港でのコンテナの扱う時間とコスト短縮のためのデータ交換を改良するメリットと、複雑な内陸の輸送網を監視し管理するこの技術の能力は、港湾利用者が港湾オペレーターからこれらのサービスを得ることをしばしば要求する理由である。 海運業に起こっている変化の度重なる影響、民間会社や世界的な港湾ターミナル運営会社の登場と発展、統合的な情報技術の進歩のため、アジアの港湾についてそのネットワーク全体の中での相対的な位置を再評価することが要求されている。世界的な機能の中で、航路やターミナルオペレーターを惹きつける事が望まれるこれらの港湾は、港湾の施設と運用を最も大きなコンテナ船の高速かつ大量処理能力に合致させて設けなければならない。この新しい競争的な環境下での高いレベルでの競争をするには、施設への大量の投資と生産性の向上が不可欠である。 この論文では今日、港湾の競争環境が変化している要因について調査、議論され、そしてアジアのコンテナ港、特に東南アジアのコンテナ港が有するであろうこれらの変化の効果について分析がなされ、さらに将来の港湾の発展の傾向が示される。


1. INTRODUCTION:
Marine port authorities in Asia have pursued facility development and operation programs over the past several decades in an environment of prolonged, and relatively rapid, economic growth based on the manufacturing of export commodities. Liberalization of national trade policies and the emergence of stable legal systems have attracted foreign direct investment along with expanded bilateral and multilateral government lending and grants. Today a convergence of political, economic, and technological forces is changing the organizational structure and operational actions of the various institutions comprising the shipping industry. It can be argued that the total environment of container shipping has never been more competitive or subject to such rapid change. Some of the competitive changes occurring among the primary shipping lines are the formation of alliances among carriers on a global basis and the deployment of ever-larger capacity vessel on major Asian trade lanes. These changes in carrier strategies have significant implications for ports in this region. Another environmental change is the advent of international port/terminal operators and their aggressive involvement in port acquisition and development in Asia. The introduction of these private sector companies is changing the ways is which port facilities are financed, managed and operated. Using advanced information technology to achieve efficiency on a global scale has become a hallmark strategy of these firms. The merits of enhanced data interchange in reducing the time and cost of container handling at ports, and the ability of this technology to monitor and manage complex inland distribution networks, is the reason that port users frequently demand the availability of these services from port operators. The cumulative affects of the changes occurring in the shipping industry, the emergence and evolution of private and global port terminal operating companies, and advances in integrated information technologies are requiring ports in Asia to reassess their relative position within the overall network of ports. Those ports that hope to attract liners and terminal operators with global capacities must scale their port facilities and operations to match the high-speed and high-capacity handling requirements of the largest container vessels. To compete at the highest levels in this new competitive environment, massive investments in facilities and enhanced productivity are essential.

 

戻る